MENU

アコムの審査に通るにはどうしたらいいの?

アコムは初めてのカードローンやキャッシングを行うのに向いている消費者金融です。もちろん他社借入を行っている方でもアコムを初めて利用するということであれば、何も問題なく借り入れをすることができます。
消費者金融は一般的には借り入れをしやすいという認識がありますが、消費者金融でも借入審査を受けるときや申し込みの方法についてしっかりと知っておくことで審査の際の不安を取り除くことができます。
このサイトではアコムの審査・申し込み方法等、アコムを利用するに当たって有益になる情報を発信しています。
アコムの審査には何が必要なのか。
アコムの審査に通る為にはどのようにしたらいいのか。
アコムの審査申し込みに関する不安を解消していきましょう。

 

アコムの審査は本当に通りやすいの?

アコムの審査に限らず、カードローン審査の結果を待っている間と言うのはとても不安になるものです。
アコムはテレビCMでもおなじみですが、初めての方のカードローン利用をサポートする体制が他社よりも充実していると言えます。
そんなアコムで借入をする為の最低条件は
・20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま。
としています。
基本的には69歳までの成人でパートでもアルバイトでも安定した収入を得ている方なら借入が可能だと言うことです。実際にアルバイトの学生(月収7万円前後)で卒業旅行の資金を40万円以上借入することに成功した例もあります。

 

当然ながらクレヒス(クレジットヒストリー)に問題のある方(※1)は審査に通ることが難しい場合がほとんどですが、今までにクレジットカードやカードローンの利用がないまっさらなクレヒスの方や、堅実にクレジットカード利用・カードローン利用・キャッシング利用をしている方ならまず問題なく借入を行うことができます。

 

※1クレヒスに問題のある方というのは今までにカードローン履行が良くなく、異動情報(世間で言うところのブラックリスト情報)が個人の信用情報に記載されている方のこと

 

アコムの審査に通らないと言うのは、債務生理(任意生理・民事再生・自己破産)・返済遅延・個人情報詐称等のブラック認定をされている方くらいです。まともに生活をしてきている方ならまず問題なくアコムの審査を受けることも、借入することもできるでしょう。

 

アコムの審査ではどんなことを見るの?

アコムの審査では主に
・現在の収入・勤務先・勤続年数
・個人の信用情報
・他社借入状況
・直近の申し込み件数
の4点を重点的に判断します。
収入・勤務先・勤続年数を確かめるのは利用者が現在返済能力があるかを審査時に確かめるためです。もちろん勤続年数が短すぎる人や収入の少ない人は限度額を高く設定しても高額の融資を受けることは難しくなります。
信用情報を確かめるのは、以前にカードローン利用やクレジットカード利用で問題が起きていないかを確認する為です。問題があると今回の借入でも問題を起こすのではないかと判断できる為、信用情報は確実にチェックされます。
他社借入に関しては貸金業法で定められた総量規制という法律に反していないかを確かめる意味と、現在の収入と借入に対して返済能力を持っているかを確かめるために審査時に確認します。
直近の申し込み件数が多い(※1)と信用情報に傷が付いていることになります。1月に3件以上の申し込みをしている方はずさんで管理能力のない人だと判断できる為、直近の申し込み件数は必ず審査時にチェックします。

 

※1申し込みが付きに3件以上ある場合、申し込みブラックという判断をされます。申し込みブラックの情報は個人信用情報センターに半年間保存される為、今後6ヶ月はどこの金融機関でも借入ができなくなりますので注意してください。

 

アコムの申し込みはどの用にしたらいいの?借りるときのコツは?

アコムで審査申し込みをするとき、その方法には様々な方法があります。
web申し込みや郵送での申し込み、むじん君(無人契約機)を使用した方法や店舗に出向いて審査をうける方法。大まかにはこの4つの方法があります。しかし、アコムでの借入を考えたときに真っ先に思うことは一刻も早く借りたい。ということではないでしょうか?

 

アコムで審査申し込みをして最も早く借入を行う方法はあります。この方法を使えば待ち時間がほぼない状態で借入が可能なので、アコムで申し込みをする際には時間を短縮して効率よく借入を行いましょう。
アコムの効率よい借入方法についてはこちらのアコムの申込方法。申し込みの流れと電話対応の仕方で紹介していますので最短借入を希望なら参考にしてみてください。

 

 

アコムの審査に通過するために知っておきたいこと

アコムの審査通過をする為に抑えておきたいポイントがあります。消費者金融は審査が甘いと言ってもお金を借りると言うことは利用者の信用を買ってもらうことと同義です。個人の信用をしっかりと買ってもらうためにも、審査時にはポイントを押さえた対応や行動をしましょう。
押さえておきたいポイントは3点です。

1.自分の属性情報の変更をしっかりと行う
2.他社借入・他社申し込みを同時に行わない
3.虚偽の申請をしない

以上3点は抑えておいたほうが良いポイントです。

 

自分の属性情報の変更をしっかりと行う

お金を借りるときに最も重要なことは個人の「信用情報」です。お金を貸す側からすると、職業の提示で大体の収入の割り出しは出来ますが、詳しい収入間ではわかりません。なので、審査申し込みをしたときや、利用中の会員情報の更新で利用者の情報を把握することになります。自分の属性情報が変更される度にしっかりと申告することで個人の信用度を上げることができます。金融関係の審査項目は一般の方に開示されることが無いので、こういった事が直接審査に関係するかどうかはわからない部分ではありますが、正直に申告することで何もしていない人よりも印象を良く出来ることは確かです。

 

他社借入を行わない

他社借入の状況は金融業界の中で「信用情報」として共有されています。他社借入は偽ってもすぐにばれます。仮に偽りなく申請を行ったとしても、他者借入を多数行っている場合にはアコムでの審査通過は難しいです。また、仮に審査に通過したとしてもアコムは消費者金融なので「年収の3分の1以上の貸付」を行うことが出来ません。
アコムで審査をを考えるときは自分の状況を把握した上で借入可能な方法を検討したほうが良いでしょう。

 

虚偽の申請をしない

これはアコムに限らず、全ての金融業を行っている場所に審査をお願いするときにもいえることです。虚偽の申請は9割9分ばれます。
虚偽がばれた場合に怖いことはブラックリストに載ってしまうということ。ブラックリストに載ってしまった信用情報は以降5年間消えることはありません。なので、最低5年間はキャッシングをしたりローンを組んだり出来なくなってしまうのです。
さらに詳しく言うと、信用情報が5年後にリセットされたとき、その人の信用情報には何も記載されていない状態となります。ある程度年齢を重ねている人がクレジットカードなどの記録がまったくないというのはほぼありえない状況なので、ブラックリストに載ったことがあるという事はすぐにばれてしまうのです。
なので、信用情報がリセットされてから個人の信用を重ねる期間を約2年ほど作らないとキャッシングなどを行うことは難しくなるでしょう。

※虚偽の申請はその後7年間信用のない状態を作ることにつながるので絶対に行わないでください。

 

 

アコムで限度額を変更したくなったらどうしたらいいの?

カードローン利用をしていると、どうしても限度額の枠を広げたくなるときもあると思います。アコムの限度額変更の申請方法には3つの方法があります。

 

1.アコムのホームページで申請を行う
2.総合カードデスクへ電話をかける
3.店舗か無人契約機(むじん君)に出向いて申請を行う

 

限度額変更申請の方法は以上の3つです。
いずれの方法も所得証明書の提出が必要なので、限度額変更申請を行う際にはあらかじめ用意しておくことをおすすめします。
1番早く限度額変更の審査を済ませる方法は店舗や無人契約機に出向いて申請をする方法なので、早く審査回答がほしいときには足を運ぶのが良いでしょう。

 

ただ、限度額の変更は
≪ 限度額変更申請=再審査 ≫
ということになっています。
限度額変更の審査を申し込んでいるのだから当たり前じゃないかと思う方もいるかもしれませんが…
実はそんなに単純なものではありません。

 

限度額変更についてはこちらのアコムの増額は再審査!追加融資と増額の方法についてで詳しく解説をしています。増額をお考えの方は参考にしてみてください。

 

アコムで審査を受ける前に銀行カードローンは検討しましたか?

消費者金融のアコムは審査通過率が消費者金融の中でもトップに君臨しているカードローンサービスです。そんなアコムの審査を受けるのはカードローン初心者の方の選択はとても正しい判断だと思います。
でもちょっと待ってください。仮にあなたがカードローン利用が初めてだったとして、他社のカードローンサービスについては検討されましたか?
消費者金融のカードローンは審査スピードが速く、融資までの時間と借りやすさを売りにしています。また、アコムでは初回30日間の無利息期間があるので、初めて借りる方にとってこんなに安心できるカードローンはプロミスくらいしか存在しないのではないでしょうか?

 

しかし、実際に借入を行うとなると安心感や金利負担の面を見ても消費者金融よりも銀行カードローンを使用したほうが良い可能性があります。今までにカードローン利用に問題がない方。今までカードローンを利用したことがない方はまずは銀行カードローンで審査を受けてみてください。審査が厳しいと言われている銀行カードローンですが、実際には問題を起こしておらず安定した収入を得ている人に対しては消費者金融と代わらない審査通過の可能性を秘めています。アコムで審査をする前に銀行カードローンで審査を受けてみてください。

 

アコムで借入するより前にチェックしたい利用して欲しい他社カードローン

ここからはアコムで審査を受ける前にチェックしておきたいカードローンを紹介していきます。銀行カードローンと消費者金融のカードローン両者共に紹介しているので、初めての借入と言う方は時にしっかりと比較することをおすすめします。

 

↓銀行カードローンで低金利の借入をするならここ↓

 

   

>公式HPはこちら<

【バンクイックの基本情報】

借入限度額 金利 初回無利息期間
最高500万円 4.6%〜14.6% なし

テレビ窓口での契約なら最短40分での借入が出来るバンクイック。
空いた時間にweb申し込みを済ませてからテレビ窓口に行けば全く待ち時間なく借り入れすることも可能です。
アコムを保証会社としているので、今までのアコムの利用に問題がなければ、まず問題なく審査に通るはずです。
専業主婦や学生でも借入可能なバンクイック。ぜひ一度審査を受けてみてください。

 

>公式HPはこちら<

 

 

オリックス銀行カードローン

 

 

【オリックス銀行カードローンの基本情報】

借入限度額 金利 初回無利息期間
最高800万円 3.0%0〜17.8% なし

おまとめローンに積極的な姿勢を示しているカードローンなので、申し込み時に借り換え希望というところで申し込みをすると現状の借入の金額の借入はもちろん、追加での借入も可能なカードローンです。
最高限度額が業界トップクラスで高く、最低金利も業界最低水準で低いカードローンです。

 

 

 

 

みずほ銀行カードローン

 

 

【みずほ銀行カードローンの基本情報】

借入限度額 金利 初回無利息期間
最高1000万円 3.0%0〜14.0% なし

エグゼクティブプランという金利プランが追加され、金利面で他銀行との差をつけたみずほ銀行カードローン。
エグゼクティブプランになるには厳しい審査がありますが、通常のコンフォートプランでも消費者金融と比べると段違いに金利の低いカードローンです。
みずほ銀行の口座を持っていればカード発行無しの即日融資も可能です。

 

 

 

 

銀行カードローンは金利が低いことが最もおすすめできるポイントです。
消費者金融の無利息期間を賢く利用することも大切ですが、無利息期間内に返済できない額を借りるのであれば、金利の低い銀行カードローンを使用することをおすすめします。

 

↓即日融資の消費者金融他社借入ならここ↓

 

   

>公式HPはこちら<

【プロミスの基本情報】

借入限度額 金利 初回無利息期間
最高500万円 4.5%〜17.8% 30日間

アコムに並ぶ最大手の消費者金融のプロミスは、アコムと同様に30日間の無利息期間があります。
最短で1時間で借入が出来るので、スムーズな借入が可能です。
50万円までの借入なら収入証明書の提出がいらない為、面倒くさい書類を揃えずともweb完結での借入が出来ます。

 

>公式HPはこちら<

 

 

 

モビット

>公式HPはこちら<

【モビットの基本情報】

借入限度額 金利 初回無利息期間
最高800万円 3.0%〜18.0% 無し

web完結の創始者ともいえるモビット。
簡易10秒審査ですぐに借入可能かが判断できます。
簡易審査は本審査の前の仮審査も担っていますので、ここで審査通過できれば借入ほぼ確実です。
お試しなので、審査申込には換算されません。

 

 

 

 

ここでは特におすすめの他社カードローンを紹介しました。
その他のカードローンを見てみたい方はこちらの「おすすめのカードローン紹介」を見てみてください。

 

アコムで借りる前に自分の借入状況を考える

アコムで借りると決めたらアコムで借りる。
お金を借りるときにはこんな考え方にはならないと思います。借入の際にはしっかりと自分の借りたい額・実際に借りる額・返済期間を計算して条件にマッチしたところを選ばないと損をしてしまう可能性もあります。借入先は自分の状況をしっかりと把握して審査申し込みをするようにしましょう。

 

1.無利息キャンペーンを利用する

2.銀行カードローンを利用する

無利息キャンペーンの利用

アコムでも導入されている無利息キャンペーンを利用する方法です。
借りたいお金の金額にもよりますが、利息がかからない期間があったほうが金利負担が少なくなることが多いです。まとまったお金でも、すぐに返済できる目処があるならプロミスやレイクなどの無利息キャンペーンを行っている消費者金融や銀行カードローンで借入をすることをおすすめします。

 

銀行カードローン利用

銀行カードローンは基本的に最高金利が低く設定されています。その為、アコムで100万円近く借入するよりも銀行カードローンで50万円ほど借入を行ったほうが金利が下がる場合も出てくるのです。最近では即日融資を行っている銀行カードローンもありますので、即日融資で低金利の借入を行うことが出来ます。

 

⇒他社カードローン一覧を見てみる

 

おまとめローンをするならおすすめはアコムよりここ!

お金を借りるときには「カードローン借り換え」や「おまとめローン」をを行いたいと思うときもありますよね。
おまとめや借り換えを行う際には現在の金利負担を軽くならなければ意味がありません。現在ではカードローン借り換えやおまとめローン利用者に積極的に対応をしている銀行カードローンも少なくはありません。現在複数の他社借入を行っている方は金利の低い金融業者で借り換え・おまとめを行ったほうが返済負担も減る為、効率の良いカードローン利用ができると思います。
借り換え・おまとめを検討しているなら、おまとめ・借り換えの利用者に積極的に融資をしているオリックス銀行カードローンを一度覗いてみてください。オリックス銀行カードローンの詳細についてはこちらのオリックス銀行カードローンの審査で紹介をしています。